TOP > 居抜き店舗 業態別売却ポイント > フレンチ居抜き店舗の売却ポイント

居抜き店舗 業態別売却ポイント

フレンチ居抜き店舗の売却ポイント

日本人にとって特別感のある『フレンチレストラン』の特徴といえば、充実した厨房設備と高級感と清潔感のある内装、ゆったりしたレイアウトの客席といえるでしょう。 フランス料理は火加減が重要な為、サラマンダー、グリドル、コンベクションオーブンなどの状態も確認し、不具合は修理するか、内見時にきちんと伝えましょう。
ワインセラーも高額な設備であるため、高額査定に繋がる可能性がありますが、リース契約やレンタル契約の場合も多いので、事前確認しておきましょう。
内装は好みによるところではありますが、一貫して言えるのは清潔感といえるでしょう。

1厨房設備とレイアウトが分かる図面の準備を

フレンチレストランでチェックされるのが、作業動線に合わせた設備の配置、冷蔵庫→加熱スペース→サービステーブルの配置、料理を最適な状態でサービスするためのコールドスペースとホットスペースの設置があります。導線・レイアウトが分かる図面などがあると、フレンチ居抜き物件を求める出店希望者様の高評価に繋がるでしょう。

フレンチ1

2多様な立地条件で探されています

周辺に顧客となるターゲット層がいるか、知名度や販売促進によって集客する立地なのか、近隣にはどのような競合店があるのか、出店希望者様によって考え方やチェックポイントは異なります。
周辺環境や顧客層、客単価などを伝えられると、入居希望者の出店へのイメージに繋がり、プラス要因になるでしょう。

フレンチ2

3インフラ関係の情報を揃えよう

高い顧客満足度を求められるフレンチ業態では、充実した厨房設備に見合ったガス管や給排水、空調や給排気を行う設備とそのための電気容量が必要とされるため、フレンチレストラン居抜きとしてテナント募集を行う場合、それなりの容量が当然として求められます。
詳細な図面や設備図面など施工時(改装時)の資料をを用意することにより、出店希望者様への説明が有利に進むでしょう。

フレンチ3

<<業態一覧に戻る

お問い合わせ・無料査定はこちらから!

052-446-5588 平日9:00~18:00まで受付

TOP